ARToolKit Professional (ARToolKit Version 4)

Section 3 サンプルアプリケーション作成

新規プロジェクト上で、サンプルを実行してみましょう。

ソースコードの追加

ソリューションエクスプローラから、[simpleLite]中の[ソースファイル]を選択し右クリック、[追加(D)]->[新しい項目(W)]と選択します。

MyARApps - Microsoft Visual Studio

Visual VC++から、[C++ ファイル(.cpp)]を選択します。
[名前(N)]にsimpleLiteと入力して[追加(A)]をクリックします。

新しい項目の追加 - simpleLite

追加されたら、ARToolKitのサンプル、simpleLite.cの内容をコピーしてエディタ内に貼り付けます。

MyARApps - Microsoft Visual Studio

保存して、ビルド([ビルド]->[simpleLiteのビルド])してください。

dllなどのコピー

このままでは実行できないので、ソリューションフォルダ内のDebugReleaseフォルダにそれぞれ必要なファイルをコピーします。

Debugを例にしますが、下記のようにします。

MyARApps - Microsoft Visual Studio

ARToolKitのbinフォルダから、Dataフォルダ、ARVideod.dllglut32.dllをコピーします。
Releaseフォルダには、Dataフォルダ、ARVideo.dllglut32.dllになります。

あとは、exeを実行してHiroマーカー上にキューブが表示されることを確認してください。