公開日:2011/9/1 0:00:00

ARToolKit NFT (ARToolKit NFT Version 3)

ARToolKit NFT サンプルの実行

About

ソースコードの解説などは後にして、まずはサンプルが実行できる事を確認しましょう。

ソリューションを開く

ARToolKit NFTをインストールした場所にARToolKit NFTのソリューションファイルがあるので、それを実行します。 今回の環境の場合、C:\ARToolworks\ARToolKitNFT\VisualStudio\vs100\ARToolKit NFT.slnになります。

Visual Studioが起動したら下記のようになると思います。

ARToolKit NFT - Microsoft Visual Studio

サンプルプロジェクトのリビルド

ソリューションエクスプローラから、[exampleNFT0]を選択、[example0.c]を開きます。

ARToolKit NFT - Microsoft Visual Studio

このプロジェクトのみリビルドします。
[exampleNFT0]プロジェクトが選択されている事を確認してから、[ビルド]->[プロジェクトのみ]->[exampleNFT0のみをリビルド]としてください。

正常終了したら、bin\exampleNFT0_debug.exeができていると思います。
続いてこの実行ファイルをコマンドプロンプト上から実行します。

サンプルプロジェクトを実行する

実行する前に、識別する画像を印刷します。
ARToolKit NFTをインストールしたフォルダ内のbin\Data\pinball\pinball.jpgの画像ファイルを印刷してください。画像は下記のようなものになります。

マーカー画像

印刷したらコマンドプロンプトを起動して、次のコマンドcd c:\ARToolworks\ARToolKitNFT\binでディレクトリを移動します。

サンプルプログラムは下記の要領で起動できます。

exampleNFT0.exe [-full] <textracking config file> [video config parameters]

textracking config fileは、bin/Data 配下にあるので、それを指定します。
では下記のコマンドで実行してください。

exampleNFT0.exe Data\pinball\pinball.dat

command prompt

印刷した画像をカメラで撮影すれば、枠とキューブが重畳されて表示されます。

command prompt command prompt

カメラキャリブレーションや画像サイズと印刷サイズの調整などをしていないので、かなり大雑把な表示になっていますが、とりあえず識別して表示されることをまで確認してください。
また、画像を識別しない場合は、照明をあかるくする、白い照明下に移動する、カメラを高解像度のモノにするなど試してください。

サンプルプロジェクトについて

簡単に。