NyARToolKit for Java

Section 04 環境構築(Java3D)

3D表示にJava3Dを用いる場合に必要となります。

Java 3D

オーバーレイ表示する3Dオブジェクトを、Java3Dで描いたものにする場合に必要となります。

ダウンロード

java3d: Java 3D Parent Project:(java.net)にあるjava3d: Java 3D Downloads: Release Builds:のページから「j3d-1_5_2-windows-i586.exe」をダウンロードしてください。

java3d:

ダウンロードしたファイルは、Cドライブの「AR開発ツール」に保存してください。

インストール

ダウンロードしたファイルをダブルクリックしてインストーラーを起動します。

ライセンスを読んで「Accept」

Java 3D 1.5.2 - License

インストールディレクトリを変えたいのですが手間なのでこのまま「Install」

Java 3D 1.5.2 - Install Confirmation

完了ということで「Finish」

Java 3D 1.5.2 - Complete