NyARToolKit for Java

Section 06 Eclipseの環境構築

About

開発環境の構築と、NyARToolKitを使うための環境に仕上げます。

Eclipseインストールについて

あちこちに説明があるのでインストール先の場所以外は省きます。
どうしても必要な方は、EclipseWiki辺りを参考にしてください。
なお、この説明では、日本語化せずに利用しています。

インストール環境

セットアップする環境はWindows Vista(64bit)となります。
ただ、XPであっても同じですので、手順どおりに進めてみてください。

ダウンロード

まず、Eclipseの公式サイトから、Eclipse IDE for Java Developers をダウンロードしてきます。

ダウンロードしたファイルは、Cドライブの「AR開発ツール」に保存してください。

Eclipseのバージョンとか

Eclipse java Galileo SR1 win32(Eclipse 3.5) を使用します。

インストール

ダウンロードしたファイルを、Cドライブに展開して、C:\eclipse35_AR となるように、フォルダ名を変更したりします。

C:eclipse34_AR

eclipse.exe のショートカットをデスクトップに作成して、名前を「eclipse(AR)」と変えてから、右クリック、プロパティを開きます。
「リンク先」を「C:\eclipse35_AR\eclipse.exe -data c:\workspace_ar」とします。

eclipse(AR)のプロパティ

初期設定

作成したショートカットをダブルクリックしてEclipseを起動します。

右端の矢印の丸アイコンをクリックして下さい。

Java - Eclipse Platform

パースペクティブに切り替わり下図の表示になります。

Java - Eclipse Platform

「Window」→「Preferences」と開いて、「General(一般)」→「Workspace」と移ります。
Text file encoding を UTF-8、New text file line delimiter を Unix にします。

Preferences - Workspace

続いて、「General(一般)」→「Text Editors」と移ります。
Show line numbers と Show whitespace characters にチェックを入れます。

Preferences - Text Editors

ここまできたら、「OK」をクリックして設定内容を保存します。

NyARToolKitのダウンロード

「NyARToolkit for Java - NyARToolkit Core」をダウンロードします。

SourceForge.JP > プロジェクト > NyARToolkit > ダウンロード(sourceforge.jp)

NyARToolkit for Java - NyARToolkit Core の下にある、Zipファイルをクリックしてダウンロードします。

SourceForge.JP > プロジェクト > NyARToolkit > ダウンロード

ダウンロードしたファイルは、Cドライブの「AR開発ツール」に保存して、展開しておいてください。

NyARToolKitのプロジェクト作成

EclipseでNyARToolKitのプロジェクトを作成して、ソースコードの一式をセットします。

[File]→[New]→[Java Project]と選択。
下図のウィンドウが開いたら、Project name : 「NyARToolKit」と入力して「Finish」

Preferences - Text Editors

ダウンロードして展開しておいたNyARToolKitから、ソースコードをインポートします。
[NyARToolKit]→[src]上で、右クリック、[Import…]をクリックします。

Java - Eclipse Platform

[General]→[File System]と移って「Next」

Import

展開したフォルダ内の、srcフォルダを選択。ファイルリストが表示されるので「jp」にチェックを入れます。
また、インポート場所 Into folder が NyARToolKit/src になっていることを確認してから「Finish」

Import - File System

同様に、src.utilのコードをインポートします。

展開したフォルダ内の、[ src.utils\jmf ]フォルダを選択。ファイルリストが表示されるので「jp」にチェックを入れます。
また、インポート場所 Into folder が NyARToolKit/src になっていることを確認してから「Finish」

Import - File System

展開したフォルダ内の、[ src.utils\java3d ]フォルダを選択。ファイルリストが表示されるので「jp」にチェックを入れます。
また、インポート場所 Into folder が NyARToolKit/src になっていることを確認してから「Finish」

Import - File System

展開したフォルダ内の、[ src.utils\jogl ]フォルダを選択。ファイルリストが表示されるので「jp」にチェックを入れます。
また、インポート場所 Into folder が NyARToolKit/src になっていることを確認してから「Finish」

Import - File System

これで終わりです。
次はSampleを動かしてみます。