The Sixwish project

Zend Server CE / TechNote

Section 2 yum の設定

Zend Serverは、yum経由でインストールする方法が一番早いのでその手順で実施します。
PostgreSQLを使用しなければならないという筆者の都合上、yumの設定でPostgreSQLが入れ替わっていたりしますが、その辺りは状況に応じて対応してください。

yumの設定追加

Zend Server の yumリポジトリの設定を追加します。
ファイルが無いのでviで新規作成します。

[root@zendserver ~]# vi /etc/yum.repos.d/zend.repo
# zend.repo

[ZendServer]
name=Zend Server $releasever - $basearch
baseurl=http://repos.zend.com/zend-server/rpm/$basearch/
enabled=1
gpgcheck=0

[Zendce-noarch]
name=Zend CE - noarch
baseurl=http://repos.zend.com/zend-server/rpm/noarch
enabled=1
gpgcheck=0
[root@zendserver ~]# 

さらにPostgreSQLのサイトから、PostgreSQLのリポジトリ情報を取得します。

今回は、PostgreSQL 8.3を使用するので、このサイトからrpmを取得します。

[root@zendserver ~]# rpm -ivh http://yum.pgsqlrpms.org/reporpms/8.3/pgdg-centos-8.3-6.noarch.rpm
警告: /var/tmp/rpm-xfer.9JSDr9: ヘッダ V3 DSA signature: NOKEY, key ID 442df0f8
準備中...                ########################################### [100%]
   1:pgdg-centos            ########################################### [100%]
[root@zendserver ~]# 

これだけだと、phpやPostgreSQLのパッケージが二重にインストールされてしまう可能性があるので、本家のパッケージがインストールされないように設定を変更しておきます。

[root@zendserver ~]# cp /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo.`date -I`
[root@zendserver ~]# vi /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo
*** /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo.2009-04-27  2009-04-27 hh:ii:ss.000000000 +0900
--- /etc/yum.repos.d/CentOS-Base.repo   2009-04-27 hh:ii:ss.000000000 +0900
***************
*** 17,22 ****
--- 17,24 ----
        #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/os/$basearch/
        gpgcheck=1
        gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
+       exclude=php*
+       exclude=postgresql*

        #released updates
        [updates]
***************
*** 25,30 ****
--- 27,34 ----
        #baseurl=http://mirror.centos.org/centos/$releasever/updates/$basearch/
        gpgcheck=1
        gpgkey=file:///etc/pki/rpm-gpg/RPM-GPG-KEY-CentOS-5
+       exclude=php*
+       exclude=postgresql*

        #packages used/produced in the build but not released
        [addons]
[root@zendserver ~]# 

ここまで終わったら次回こそはインストールです。