The Sixwish project

FLARToolKit

このエントリーをはてなブックマークに追加

About

FLARToolKitの使い方と、何かを作るための講習テキスト。

FLARToolKit version 2.x

FLARToolKit v1.x系と異なり、NyARToolKit for AS3 をベースにしたバージョンとなります。 APIはFLARToolKit v1.x系とほぼ一緒ですが、深い部分では異なっております。また、マルチマーカー処理時は高速化されています。
今回はAdobe Flash Builder Standard 4.0 日本語版を用いて説明します。

Start FLARToolKit

環境構築
Adobe Flash Builder 4 のインストール
Start FLARToolKit
FLARToolKitの導入とサンプルを動かす

詳細説明

環境構築
幾つものプロジェクトを管理するための準備
サンプルプロジェクトの作成
サンプルプロジェクトの作成
ソースコード解説
ソースコード解説 1
パラメータなどの定義や読み込み部分について
ソースコード解説 2
FLARToolKitの初期化や3Dモデル部分について
ソースコード解説 3
メインループ部分の処理について

Color filter

白黒以外の色を使ってマーカーを作りたい場合に適応できる方法。PC負荷高めなので、GPUを積んだPCでの利用が推奨されます。
なお、この記事については調整が終わっていないので外部サイトになります。

マーカーとPixel Bender filter
Adobe Pixel Bender Toolkitを使ってフィルターを作る
FLARToolKitにFilterを組込む
FLARToolKitのサンプルに組み込む

Flex Builder 3 などを使う場合

こちらにメニューがあります。

ライセンス

FLARToolKit、FLARManagerはGPLとCommercial Licenseのデュアルライセンスが適応されています。 Commercial Licenseで利用する際は、株式会社エム・ソフト様のサイトを ご確認の上ご利用ください。

FLARToolKit License
GPLを適応して公開する場合のお作法の参考手順

FLARToolKit version 1.x & FLARManager v0.6

作り方や解説は他のサイトの方が充実しているので、環境構築だけ説明。

FLARToolKit version 1.x
FLARToolKit version 1.x の基本的な使い方

この文書はCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1が 適応されています。