The Sixwish project

ARToolKit Professional

このエントリーをはてなブックマークに追加

ARToolKit professionalの使い方やTipsの紹介

ARToolKit professional v4.x

About

ARToolKitは拡張現実感アプリケーションの開発に使用される世界で最も人気のあるライブラリです。 10年間継続されて開発されており、数千人のユーザーとの活発なコミュニティとHIT Labによる研究・開発による最新の成果を組み込み、Professionalバージョンとして有償で提供されています。

ここで説明しているライブラリは Professinal 版です。このライブラリはライセンスを購入する事で利用する事ができます。

この文書以外に、GPL版のARToolKitを解説した本【3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門(amazon)】を購入されることをお勧めしています。
ここで説明している内容はアプリケーションを組み上げる事を目的としています。そのため、実際に内部でどのようなことを行っているか? 理論や用語、出てくる変数(行列)についてそれほど触れません。それらの補完として上記本を使用して頂ければと思います。

開発環境構築手順

Windowsでの開発方法になります。

ARToolKit Install
インストール
Rebuild AR Librarys
ARToolKitで使用するライブラリをリビルドします。
Simple Lite の実行
サンプルを実行します。

チュートリアル

プロジェクト作成
配布されているソリューションではなく、新規ソリューション、プロジェクトを作成します
ライブラリ設定
ARToolKitのライブラリと関連付けを行います
サンプルアプリケーション作成
simpleLiteのソースコードをコピーしてサンプルアプリケーションを作成します
simpleLite解説
simpleLiteの内容について解説します

その他

カメラキャリブレーション
GPL版とは異なる方法になっています。
マーカーの作り方
マーカーについての説明と、マーカーパターンデータの作り方。
2D-barcode marker
QRコードをもっと荒くしたパターンをマーカーとして用いる方法

技術文書

ARToolKit Professional v4.x API reference
英語版