NyARToolKit

NyARToolKit for Android

Section 7 Hello Android Project

Androidの簡単なサンプルプロジェクトを作って試してみましょう。
基本的にHello, World | Android Developersの内容そのままです。

ここでは、実機で実行出来ることを確認するための作業になりますので、ソースコードについては触れません。

始める前に、端末とPCが接続されていることを確認して下さい。

Create project

[File]->[New]->[Other…]と選択。

Java - Eclipse

ダイアログの中から、[Android]->[Android Project]を選択、[Next]をクリック。

New

ダイアログ中の各項目を入力します。

[Project name]: HelloAndroid
[Contents]: Create project in workspace
を選択し[Build Target]へ

[Build Target]: Android 2.1-update1

[Properties]の中身は以下の通り。

[Application name]:HelloActivity
[Package name]:com.example.android.helloandroid
[Min SDK Version]:7

と各項目を埋めていきます。

各項目を入力・選択したら[Finish]

New Android Project

プロジェクトが使用できるようになりました。

Java - Eclipse

このまま実行しても真っ黒な画面しか表示されないので、定番の「Hello world」を表示してみます。com.example.android.helloandroidパッケージ内のHelloActivity.javaをダブルクリックしてソースコードを編集します。

Java - com.example.android.helloandroid.HelloActivity.java - Eclipse

下記のようにコードを追加してください。
コピー&ペーストではimport文が保管されませんが、Ctrl+Shift+Oで自動的に追加されるショートカットがあるのでそれを活用してください。

    public void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.main);
// 追加
        TextView textView = new TextView(this);
        textView.setText("Hello World!");
        setContentView(textView);
// ここまで
    }

Java - com.example.android.helloandroid.HelloActivity.java - Eclipse

実行ボタンをクリックします。

Java - com.example.android.helloandroid.HelloActivity.java - Eclipse

実行するアプリケーションのタイプを選択します。[Android Application]を選択して[OK]

Java - com.example.android.helloandroid.HelloActivity.java - Eclipse

新しくWindowが開いて実行する端末を指定するように促してくるので、端末を選択して[OK]
画面中では、DesireとARIAが接続された状態になっています。

Android Device Chooser

それほど待たずに端末の方で実行されます。

Android Device Chooser

これで環境構築が完了しました。