NyARToolKit

NyARToolKit for Android

Section 12 プロジェクト説明

前回のサンプルソースコードの解説をみてきます。

暫定版

この記事は暫定版です。順次更新されます。この表示が消えるまで突っ込み禁止。

プロジェクト

Java - Eclipse

フォルダの説明

src アプリケーションのJavaソースコードを格納するフォルダ
gen Androidのビルドツールが生成したソースコードを格納するフォルダ
assets デバイスにインストールするためにアプリケーションと同じパッケージに追加したいほかの静的ファイルが含まれているフォルダ
jni Java Native Interfaceを使用するソースコードを格納するフォルダ。今回は色変換のために使用している。
libs アプリケーションに必要なサードパーティJARを格納するフォルダ。
res コンパイルされたJavaコードと同じアプリケーションパッケージに追加するアイコンやGUIレイアウトといったリソースを格納するフォルダ。マーカーや3Dモデルなどが配置される。

ソースコードの説明

com.android.camera:カメラの処理

CameraHardwareException.java カメラExceptionクラス
CameraHolder.java カメラの処理全般記述
Util.java ユーティリティクラス的なクラス

jp.androidgroup.nyartoolkit:メインの処理

ARToolkitDrawer.java ARToolkitの設定、呼び出しを行っているクラス
ModelRenderer.java 3Dモデル表示のための設定をおこなっているクラス。
サンプルソースでは使用されていない??
NyARToolkitAndroidActivity.java メイン処理クラス。

jp.nyatla:NyARToolKitのライブラリ

KGLModel Metaseqファイル(.MQO)ファイルをjavaに読み込み&描画するクラス
nyartoolkit NyARToolkitのライブラリ

min3d:Android用の3DフレームワークMin3D

プロジェクトの説明は以上の通り。詳細については次回から行います。