The Sixwish project

ARToolKit NFT

このエントリーをはてなブックマークに追加

ARToolKit NFTの使い方やTipsの紹介

ARToolKit NFT

About

ARToolKitは拡張現実感アプリケーションの開発に使用される世界で最も人気のあるライブラリです。 ARToolKitNFTは、マーカーを黒枠マーカーから自然画を用いたトラッキング……Natural Feature Tracking(NFT)が可能になるように進化したライブラリです。
ここで説明しているライブラリは無償で配布されておらず、ライセンスを購入する事で利用する事ができるようになります。

この文章以外に、ARToolKitの方で説明した内容も参考にしてください。
ライセンスを購入した場合、ARToolKit ProとARToolKit NFTが同梱されています。まず、ARToolKitの説明を読み、ライブラリの再構築、サンプルの実行まで行ってください。 ここでの説明は、それらの説明を理解されたという前提で進めます。

なお、引き続き、GPL版のARToolKitを解説した本【3Dキャラクターが現実世界に誕生! ARToolKit拡張現実感プログラミング入門(amazon)】を参考にしています。
NFTになったとしても、基本はARToolKitと同じですので、十分に参考、応用することが可能です。

開発環境構築手順

Windowsでの開発方法になります。

ARToolKit NFT Install
インストール
環境設定
環境設定確認
サンプルの実行
サンプルを実行します。

NFTパターンファイルの作成

ARToolKitNFTのツールについて
識別する画像のパターンファイルを作成するツールの関係について
パターン作成 - 1
パターン作成 - 2
識別する画像のパターンファイルの作成手順

付属サンプルプログラムについて

exampleNFT1
exampleNFT0と同じですが、トラッキングパラメータなどをキーボードで変更することができるサンプルの使い方など
exampleNFT2
複数ターゲットを用いるサンプルプログラム。動作させるまでの手順を説明
exampleNFT3
複数ターゲットを用いるサンプルプログラム。動作させるまでの手順を説明。
exampleNFT4
複数ターゲットを用いるexampleNFT3とほぼ同じ機能を持ったサンプルプログラム。動作させるまでの手順を説明。

チュートリアル

新規プロジェクト作成
配布されているソリューションではなく、新規ソリューション、プロジェクトを作成します
ライブラリ設定
ARToolKit、ARToolKit NFTのライブラリと関連付けを行います
サンプルアプリケーション作成
サンプルのソースコードをコピーしてサンプルアプリケーションを作成します
サンプルコード解説
サンプルコードの内容について解説します

技術文書

ARToolKit NFT
公式マニュアル(英語)