The Sixwish project

FLARToolKit v1.x

このエントリーをはてなブックマークに追加

About

FLARToolKitの使い方と、 何かを作るための講習テキスト。
なお、この文書はCreative Commons 表示-非営利-継承 2.1が 適応されています。

Index

作り方や解説は他のサイトの方が充実しているので、環境構築だけ説明。
Adobe Flex Builder Standard などを購入していないので、FlashDevelopのみで行きます。

環境構築 1
FlexSDKのインストール
環境構築 2
FlashDevelopのインストール
環境構築 3
SimpleCubeを動かす
詳細説明
重複するので、下記のサイトを参考にしてください。
FLARToolKit スタートガイド
http://saqoosha.net/flartoolkit/start-up-guide/
FLARToolKitを使ったAR系Flashの作り方
http://gihyo.jp/design/feature/01/flartoolkit

FLARManager v0.6

FLARManagerは、FLARToolKit v1.x をベースにしたフレームワークになります。
FLARToolKitはコアパッケージのみで扱いにくい部分もあります。 複雑な事をやる場合はともかく、単純な使い方しかしない場合は、FLARManagerを使うことをおすすめします。
FLARManagerは一部の初期化をxmlのコンフィグに、マーカー認識などはイベントとして扱えるようになっています。 サンプルを書き換える前に、どういうものか見てください。

インストール
FLARManagerのインストールとサンプルを実行するところまで
SimpleCube
SimpleCubeをFLARManagerを使って作ります
FLARManager config file
設定ファイルについての説明
Collada Models
モデルデータを表示する方法

ライセンス

FLARToolKitはGPLとCommercial Licenseのデュアルライセンスが適応されています。 Commercial Licenseで利用する際は、ARToolworks 日本代理店のサイトをご確認の上ご利用ください。

FLARToolKit License
GPLを適応して公開する場合のお作法の参考手順